トップページ > トリガーポイントとは

トリガーポイントとは

トリガーポイント

      トリガーポイントとは 『痛覚過敏部位』 のことです。

  トリガーポイントは、長時間の姿勢保持や仕事、スポーツなど筋肉の反復運動 を繰り返すことで、それらの刺激が筋肉内の血液の循環を悪くし、筋肉に疲労が 起こり、筋肉が硬くなることでトリガーポイントが形成されます。

  トリガーポイントの特徴として 『関連痛』 というのがあります。 例えば 「後頭 部付近を鍼や指で刺激したとき、頭に響きを感じる」、「腕の前腕部を鍼や指で刺 激したときに、手首に響きを感じる」 と、刺激した所とは別の場所に痛みを感じる現象が関連痛になります。

  この状態では自覚する痛み・しびれのような症状はありません。しかし、反復の 刺激が繰り返されることで、 トリガーポイントが 『責任トリガーポイント』 に変化 することにより、さまざまな痛み・しびれの症状を引き起こします。

※トリガーポイントは筋肉だけではなく 『腱・靭帯・骨膜』 にもできます。

ページトップへ戻る

責任トリガーポイント

      責任トリガーポイントとは 『発痛部位』 のことです。

  責任トリガーポイントは、さまざまな痛み・しびれの症状を引き起こします。 そして、最大の特徴は 『認知覚』 です。 認知覚というのは、マッサージなど受け た時、痛気持ち良いと感じることがあると思います。
 ちょうどその部分に当たると 『あっ、そこ!』 『私の痛い所は、それ!』と、本能的に感じる所が責任トリガーポイントになります。

  その責任トリガーポイントを治療することで
              さまざまな症状を改善することができます。

ページトップへ戻る

トリガーポイント適応症

  慢性痛、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、四十肩・五十肩、膝痛
   臀部痛、背部痛、頭痛、頚部・腰部ヘルニア、脊柱管狭窄症
   寝違い、ギックリ腰、めまい、耳鳴り、しびれ、腱鞘炎
    野球肘、野球肩、テニス肘、ゴルフ肘、グロインペイン症候群
   各種スポーツ障害、筋膜性疼痛症候群
   頚性神経筋症候群(CNMS)、むち打ち症、慢性疲労性症候群 など

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2011 みね鍼灸院 All Rights Reserved.